のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

【2歳娘】ウンチは悪いことじゃないんだよ!!

こんばんは。

今日は2歳2ヶ月の娘のウンチ事情です。

子どもってこっちが思ってる以上に色々考えてるよねって話。

 

 

ウンチしてても「ウンチしてない」と言うように…

ただ今、2歳2ヶ月の娘。

おしっこしても、ウンチをしても気にならないのか特に何も言ってきませんでした。

まぁそのうち言うようになるのかなー、早く言ってくれるようになるといいなーくらいに思っていたのですが、いつからか

 

「ウンチした?」(なんか臭うな…)

と聞くと首を振るようになりました。

結構必死に否定する素振りを見せるようになりました。

 

そして確認しようとすると嫌がるように…。

 

旦那とも何でだろうね?と不思議に思っていたのですが、イヤイヤ期の始まりか?と特に気にしていませんでした。

 

 

 

ウンチがいけないこと、悪いこと思ってるのかも?

そんな時、娘のことは全く関係なく、面白そうと思い読んでいた本

うんちはすごい (イースト新書Q)

うんちはすごい (イースト新書Q)

 

ここに

ウンチをした後の親の対応を、子どもは敏感に感じている

という内容が書かれていました。

 

 

ん…?

よくよく思い返してみれば、娘がウンチした後

「ウンチはトイレでするんだよーウンチしたくなったら言ってねー」

「あ!ウンチしてる〜、したらすぐ教えてよねー」

とか言ってるなぁ…

 

しかも言い方もキツくはないけど、ネガティブな態度で言ってるかも…

 

ということに気がつきました。

 

 

もしや娘はウンチをしたら責められる、ウンチはいけないこと、悪いことと思っているのでは…!?

 

もしそうならこれはマズイ…!!

 

ということで旦那と急遽作戦会議。

 

 

そこで

ウンチの後ポジティブな発言をするようにしてみた

ウンチが出てたら

「やったね!ウンチ出たね〜!」

「ウンチいっぱい出たね!イェーイ!」

「スッキリしたねー!オムツ替えてもっとスッキリしよ〜」

という感じで、言うようにしてみました。

 

 

結果

言い始めた次の日から、

ウンチした?と聞いても首を振って否定することが減りました。

首を振ることがあっても、以前のように必死に否定するという感じでもなくなりました。

 

そして、たまーにウンチしたと教えてくれるようにもなりました(本当にたまーにですが…)

 

やっぱりウンチしたら責めらると思わせちゃってたのかなー。

本当、反省…。娘、ホントにごめんね!

 

いや〜ホント、子育てって難しいですね!大人が思っている以上に子どもって色んなことを感じ取って、考えてるんでしょうねー。

 

 

 

以上

色々気をつけないとな〜

と考えさせられた、うちのウンチ事情でした。