のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

収入1万円でも「必要以上に恐れない」ということ

お久しぶりです。

4月から夫の独立によりバタバタしておりました。

 

今日は近況&家計(お金)について思うことをつらつらと。

 

 

近況

4月から夫は会社を辞め、木工家として独立しました。木で小物やオモチャなどから指揮台まで幅広く作っています。

お店を構えたわけではないので、今のところ収入源はネット販売やイベント出店、ギャラリーを借りて展示即売、知り合いからの注文などです。

 

私は育休中で来年4月復帰の予定ですが、育休手当は出ないため夫の収入のみ。ま、スタートから1ヶ月、当然のごとく家計は赤字です笑

 

初月の収入(利益)は1万円くらいですかね笑

 

いやー、色々考えちゃいますよね。

不安にならないといえば嘘になります。

もちろん夫の仕事がどうなってくかも不安ですが、やっぱり金銭面の不安が…笑

 

 

 

家計(お金)について思うこと

それでも必要以上に恐れる必要はないと思っています。まぁ悪い方に考え始めると、大きな不安に襲われたりもしますが…。

 

確かに家計は赤字です。でもそれも想定内で踏み切った独立の道。

独身時代からの2人の貯金をかき集めて計算した結果「とりあえず1年は収入がなくても生活はできる!」ということで夫は独立しました。

1年経てば私も仕事復帰するし、それまでにある程度見通しが立てばなんとかなるやろ!と。

 

実際スタートするとやっぱり不安になります。考えれば考えるほどドツボにハマる時もあります。

でも最近思うんですよね。

 

その恐れは本当に適切なのか?

 

と。

 

頭で考えてると、必要以上に恐れて不安になったりするんですよね。

でも、数日で生活できないほどお金がなくなるって状況でもないわけで。

 

もちろん「なんとかなるさ」で何とかなるほど甘くはないとも思っています。

 

必要以上の恐れも楽観視もいらない。

大切なのは現状を正確に把握すること。

 

 

必要以上の恐れや楽観視は判断力を鈍らせます。今まで以上にお金の使い方にはシビアになりますが、使うべき時に使うように。使い時を見誤らないように。

そこの判断を間違えないようにしないとな、と思うわけです。

 

家計のやりくりは大変ですが工夫しつつ、頑張っていこうと思います!!