のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

【書評】20代の生き方で人生は9割決まる! 金川顕教

私はもうすぐ28歳です。やっぱり30歳が近づくほど焦っている自分がいます。

このままではいけない!と思い、とりあえず今は『自分で稼ぐ力をつける』べく日々試行錯誤中。

けれど何をどうすればいいのか分からず空回ってもいます。

というわけで、これ読みました。

 

やー、金川さんの本はいつ読んでもグサグサきますね。

だいぶ極端なこと言うな・・・と思う部分も多々あるのですが、口当たりのいい言葉ばかりの本は嫌いなので私は結構好き。

 

 

 

ざっくりと内容

とにかく20代はこれしとけ!こういう心意気が必要!ってことが書かれています。

一生、自分らしく、自由に、楽しく生きていくには、はっきりいって「お金がいる」。サラリーマンが目指す年収1000万円というレベルでは好きなように生きられるとはいいきれないのではないか。

 理想をいえば、サラリーマンの生涯年収とされる3億円を超えたお金を早いうちに手にすることが目標になるだろう。それだけあれば、あるいはそれだけ稼げる力を持っていれば、死ぬまで自分がが望むような人生を生きられるだろう。

 それを実現するためには、20代のうちに、自分自身でお金を稼ぐ力をしっかり身につけてしまうことだ。(あらすじより)

 

自分が刺さった部分のみ紹介します。

20代で到着したところが、自分の天井になると意識する

呆れられるくらい高い野望を持って、自分の天井を思い切り高くしておこう。

20代の自分が、生涯の自分の伸びしろを決めてしまうことを自覚しよう。

 

今の私はまさにその20代。天井を思いっきり高くしたい。うん、しよう。

色々なことを、いつでもできるなんて思っているうちに年だけ重ねていく人生は絶対に嫌。あと2年何ができるんだろう、何をしたらいいんだろう。と考えさせられました。

今できないことは、何歳になっても結局できないと思うんですよね。

だから今できることをやっていかないと!と強く思いました。

 

無理しよう。大丈夫、死なないから。

20代は、人生でいちばん無理ができるときってことが書かれていました。

最近は「無理しない」「好きなことをする」ってのが結構言われているように思います。そういう意味では時代に逆行した発想にも聞こえるけど、でも人生でここぞって時はやっぱり無理する必要があると思います。

 

最近言われている「好きなことだけする」ということを「自分が楽するため」都合のいいように解釈してるパターンって多いんじゃないかと思うことがあります。

「好きなことを仕事にする」ということで成功している人達の裏には相当の努力があって(本人は努力と思っていないかもしれませんが)決して「楽してるわけじゃない」んですよね。

すごい量の仕事をこなしながら、勉強していたり、新しいアイディアを考えていたり。

 

今の私は何も持っていないから、「これだ!」ってことを死ぬほど突き詰めていくしかないよなっと思うわけです。

 

現状維持を捨てる。それを死ぬまで繰り返す。

現状維持とは、「昨日と同じ今日」を繰り返している、ということだ。

 

提出する当てのない企画書を毎日最低1つ書いたり、コンビニ弁当の新メニューは必ず食べる、でもいい。毎日、何か1つは新しい体験をするようにしよう。

成長していきたい!という気持ちだけはいっちょ前に持っている私ですが、たまにこのままの人生でも悪くはないんじゃないかと考えたりします。

おそらく可もなく不可もない人生なんだろうなと思います。

子どもの成長を見守りつつ、嫌な仕事だけど生活のため割り切って頑張って、定年まで勤めて・・・。

そこにあるのはただただ「安定した暮らし」にしがみついている私だけ。

うわぁ・・・やっぱり嫌だ。ぞっとする。

 

 月収、年収ではなく、常に時給意識で考える

時間ってホント大事ですよね。最近常々感じます。

今ある時間をどれだけ有効に使えるか・・・考えると無駄な時間が多いな~。

もっと効率よく動かないと全然やりたいことやりきれてないわ。

 

お金の知恵を身につける

20代で絶対に身につけておきたいのは‟お金の知恵”。

つまり、ファイナンシャルリテラシーだ。

投資、金融、資産運用、経済関連、財務などの理解力をいまのうちにしっかり身につけておきたい。

『自分でお金を稼ぎたい』と思うようになってから「お金」について自分は何も知らないなと思うようになりました。

じゃあ何をしたら「お金」について分かるのかってことが分かりませんでした。

最近読んだ他の本にも書かれていたのですが『簿記3級』は勉強して損はないとのこと。

この本にも『簿記3級』レベルの本くらいは読んでおけって書かれていました。

何したらいいか分からない人はとりあえず『簿記3級』を勉強してみるといいかもしれません。 

 

まとめ・感想

20代って大事だなと改めて思いました。

そして俄然やる気出てきたー。

自己啓発本って、自分を見つめ直せて、頑張ろうってやる気も出ていいことばっかだよなと思います。

ま、でもここから行動しなければ意味ないんですけどね。

というわけで、とりあえずこの後『簿記3級』のテキストを読み始めます。