のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

【書評】多動力 堀江貴文

初めて読みました。

ホリエモンさんの本。

 

本屋でいつも目につくところに置いてあるから、売れてるんだろうな〜って思いながらなんとなーく手が伸びなかったんですよね、今まで。

 

そして、やっと手にしたのがこれ。

 

 

読んでみて圧倒されました。

生きてるスピードが桁違い!

 

なるほどーって思う部分もあれば、

う、うーん…って思うところもありましたが、多分それがこの本の面白いところなんだろうな。

 

万人ウケすることが書かれてるわけじゃなくて、ホリエモンさんが思ったことが「ばばばばー」ってすごい勢いで書かれているところが。

 

てなわけで、私がなるほどーって思った部分だけかいつまんで書きますっ!

 

 

やりたいと思ったら、今すぐやれ!

準備万端にする必要ある?とりあえずやれ!

ってことが一貫して書かれてました。

準備が足りないからと足踏みしていたらいつまでたっても満足のいくものはできないのだ。やりたいと思ったら、今すぐやってしまおう。

 

確かに。

考えてる暇あったらやった方が絶対にいい。

準備を考えて終わっていることがどれだけあることか…。って考えている今この時に、とにかくやってみればいいのか。

 

 

全力投球は自己満足

膨大な仕事をこなすためには、たまに手抜きも必要。

全ての仕事に全力投球して、力尽きたら元も子もなくない?

「完璧主義者」は、何度もやり直し、一つの仕事にアリ地獄のようにハマってしまう。目指すべきは、完璧ではなく、完了だ。

 

 

うわぁー、これ仕事してた時の自分に聞かせたい!(ただ今育休中です)

私はまさにこのタイプ。

不器用なくせに、全てに完璧を求めすぎて自分を追い込んでいた日々を思い出しました。

今思えば、なんであんなに自分で自分の首を締めてたのかなぁ。

 

今なら分かります。

とりあえず、数をこなして少しずつでも良くしていくほうがずっと効率的。

 

 

なんで、今持ってるもので勝負しようとするの?

なんで、今持ってる資格や経験、資産などを生かして何かできないかって考えるの?

やりたいことがあるなら、それに必要な力をつければいいわけで順序が違うんだよなってことが書かれてました。

 

うぅ…耳が痛い。

私も手持ちベースで考えちゃいがちかも。

手持ちのものが好きなことならそれを生かせばいいんだろうけど、そうでもないのに使わないと勿体無いみたいな発想で縛られてたら何も始まらないよなぁ…。

 

 

まとめ

一言でいえば、刺激的な本でした。

勢いに圧倒されました。

ま、何はともあれ自分で考えてとにかく行動しよう。そう思いました。