のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

【書評】家事がラクになる。心が軽くなる。 by『シンプル生活55のヒント』

私はあまりこういう感じの本は買わないんですけどね。

生活を紹介してある感じの本。

オシャレだなーとは思うけどなかなか真似できないし。

でも、写真が素敵で思わず買ってしまいました。

 

 

 

読んでみると、結構自分の生活にも活かせそうなことが多い!

ざっくりどんな本かというと、

家事が楽になるヒント満載の本!

 

 

モヤモヤを感じたら改善のチャンス

私の理想の部屋は、すっきりしていると同時に、何かを「やろう!」と思ったときにすぐに取りかかれる場所であること。

モノが取り出しやすく、しまいやすくととのえられていると、心地よく過ごせます。

 

この本のいいところは、写真がたくさんなところ。

文字だけだと読んでなるほどーって思っても、じゃあどうやるの?ってなりますよね。

写真があるから、あ、そういう風にすればいいのかってすぐ取り入れやすい。

これ可愛い、この置き方いいな~って写真みてるだけでワクワクしちゃう。 

 

モノの置き場所って意外と奥が深いです。

工夫し始めると結構面白いし、それによって結構時短につながっています。

すぐに結果が出やすいヒントが多いのもいいですね。

 

 

モノと上手に付き合う

基本モノは少なく、自分の本当に気に入っているモノだけで生活していることについて書かれています。

 

んんー、確かに身の回りを見渡すとなんとなく使ってるものも結構あったりします。

もう、ここ1年使ってないモノも奥の方に眠ってたり…。

 

なかなかモノが手放せない人は、手放すポイントややり方が書いてあるから参考になる

私も「後で使うかも・・・」と思ってなかなかモノを手放せない人でした。

でもこの本を参考にしながら整理していったら、とりあえずゴミ袋4、5枚分ほど手放せました。

 

思い切って色々手放してみると、全然困らないんですよねー。

逆になんであんなに手放せなかったんだろ?って感じ。

別にミニマリスト目指してるわけではないけれど、モノが少なければ掃除も楽だしスッキリしてる方が気持ちもいい。

 

まぁ、でもしばらくしたらやっぱりものが増えてきちゃうんですけどね。

そろそろモノ見直し期間を作らないとなぁ~。

 

まとめ

片付け、掃除、ご飯づくりなど

毎日の家事を効率よくできるようになるためのヒント盛りだくさんです。

頑張らなくても、家事が回っていけば余裕が生まれる。

そうすると、楽しくすっきり生活できる。

 

こんな風に生活できるよう、いろいろ試行錯誤していきたいなーと思わせてくれる一冊でした。