のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

【体験談】夜赤ちゃんが寝ない!そんな夜を楽しむ工夫3つ

赤ちゃんが夜寝てくれない!

これはどのママでも1度は通る道なのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが長時間寝てくれるようになるまで、夜は本当に大変!

長時間寝てくれるよう私も試行錯誤しまくりました。寝かしつけの本も買って読んだりして。

でも寝ない時は寝ない。

 

寝かそうとすればするほど、自分もストレスが溜まります。

そんな時ふと思ったこと。

逆に、寝かすのを諦めるのもありなんじゃね?

 

おいおい、何言ってんだよって感じですが。

 

赤ちゃんを寝かすのを諦めて、夜を楽しんでいると意外と寝てくれたりします。

寝てくれたらラッキー、寝てくれなかったら一緒に昼寝すればいいやーくらいの気持ちで過ごすようになると精神的にはかなり楽になります。

 

 

というわけで今回は、寝かすのを諦めた私の『夜を楽しく過ごす工夫』を紹介します。

 

「何わけ分からんこと言ってんだ!私は夜赤ちゃんを寝かす方法を知りたいんだ!」って方はこの記事を読まずに、別の役立つサイトへ行くことをオススメします。

いや、もう夜赤ちゃん寝ないし「逆の発想」に興味あるわっていう稀有な方はどうぞ読んでみてください(笑)

 

目次

 

 

赤ちゃんに旦那との馴れ初めを話してみる

はじめは昔話とかをしてたんですが、私がすぐに飽きちゃって。

思いつきで「旦那とのなれそめ」を赤ちゃんに話し始めてみたんですが・・・意外と時間が早く過ぎます。そして結構楽しい。

どこで出会って、どんなふうな人だったとか。

どんなデートしただの、どんなプレゼンもらっただの・・・ノロケ話ですね。

第一印象から今に至るまで事細かに説明してました。

もちろん途中で赤ちゃんは寝てしまうので、寝たら続きはまた次なかなか寝ない時ね。みたいな。

 

これには予想外のオマケメリットがありました。

それは旦那にちょっと優しくなれること。

単純に出会った頃の気持ちを思い出すからだと思います。

 

 

家の中ツアー

抱っこしながら家の中を巡ります。

ガイド付きで。

「ここがキッチン。料理するところだよー。

そしてこれは冷蔵庫。冷蔵庫は食べ物を保存するところだよ〜。中は冷たいんだよ〜」

などとブツブツ呟きながら家の中を巡ってました。

 

今思い出すと怪しい人ですね。

 

毎日同じだと飽きてくるので、言葉の説明とかを付け加えたりしてました。

カーテンを覗きながら

「うわぁー、外暗いねぇ。あ、暗いっていうのは光がないってことね。あー、光っていうのは…なんだろ、眩しいもの…かな。あ、眩しいっていうのはね…」

みたいな感じで赤ちゃんに話しかけてました。

 

自分のボキャブラリーのなさに笑えてきて、夜中1人で笑ってました。

 

 

 

もういっそ、TVを見たり本を読んだりしちゃう

いっそのこと、オールしちゃう?

みたいな感じで寝かすことを諦めて過ごす方法。

深夜こんな番組やってるんだ〜と見てみたり、放送休止になるとこんな画面なんだ〜と普段観られないものを観てました。

 

もう、電気つけてソファーで抱っこしながら読書したり。

こっちが目が完全に覚めてる時しか読書はできないですけどね。

ウトウトしてると、ずーっと同じとこ繰り返し読んでたりするし、余計眠くなるんで。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

子どもが産まれて数ヶ月は夜起きる生活が続きますよね。

何やっても泣きやまないし、寝ないしで大変だと思います。

まぁ、でも赤ちゃんってそんなもん!

いずれは寝るようになります。

この生活がずっと続くわけでもありません。

そうやって割り切ってみると結構楽になりますよ!

 

私ももう2ヶ月後には、眠れない生活再びスタートです。

ひぇえー。

まぁ、頑張ろう!