のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

出産後の入院生活ってどんな感じ? 

出産後の入院中ってどんな生活なんだろう…。

イメージ湧きにくいですよね。

病院によって結構違うと思います。

私の場合はこんな感じでした!ってことを書こうと思います。

 

基本情報

私は、個人の産院にお世話になりました。

部屋は全室個室。

部屋には、洗面、ウォッシュレットトイレ、テレビ、冷蔵庫、小さめの机と椅子、ソファー、ベットがありました。

ベビールームがあり、預かってもらう赤ちゃんはそこに並んでいました。

授乳室があり、基本授乳は決まった時間に授乳室で。

授乳に慣れてきたら自分の部屋で授乳でもOK。

3人目を産んだ方がいたのですが、その方は最初から自分の部屋で授乳してました。

 

母子別室でも、同室でもOKで、お母さんが無理せずしっかり休んで、体調と相談しながら少しずつ赤ちゃんとの時間を増やしていくという感じでした。

 

1日のスケジュール

7:00  授乳

8:00  朝食

10:00 授乳

12:00 昼食

13:00 授乳

16:00 授乳

18:00 夕食

19:00 授乳

22:00 授乳

 

シャワー室があり、シャワーは自分の好きなタイミングで。

赤ちゃんが授乳の時間よりもかなり早めに泣き出した場合は、部屋にナースステーションから電話がかかってきました。

 

 

ざっくりと入院から退院までの流れ

出産当日は夕方に出産し、その後は赤ちゃんと少し触れ合った後、ナースステーションに預かってもらい就寝しました。

 

1日目 授乳時以外は預かってもらい、部屋でゆっくり。

2日目 沐浴見学とミルク指導あり。

    午後から初めて赤ちゃんと一緒に部屋で過ごしました。

    22時の授乳後預かってもらい爆睡。

3日目 朝から赤ちゃんとずっと一緒。初めて夜も一緒に過ごしました。

    夜は1時間ごとの授乳でほぼ寝られませんでした。

4日目 朝の授乳の後、赤ちゃんを預かってもらい昼まで爆睡。

    午後は一緒に過ごしました。

    退院に向け体力温存したかったので、24時に預かってもらいました。

5日目 退院

 

こんな感じで5日間を過ごしました。

 

おわりに

あっという間の5日間でした。

赤ちゃんは小さくてふにゃふにゃで抱っこするのさえ怖かったです。

そして病院を出るのが怖くて仕方なかった。

小さな命を預かる責任に押しつぶされそうでした。

ずっと病院にいたい~と思いました。

入院中は赤ちゃんを自分が見なきゃ!頑張らなきゃ!って思っちゃいますけど、頑張りすぎない方がいいと思います。

退院したら、どんなにたいへんでも自分が基本面倒をみることになるので。

体力回復のためにゆっくりできそうな病院なら、しっかり休むことも大事だと思います。

しっかり休んで、早く体を回復させるのも子どもを育てるために大事なことだと感じました。