のびたいむ

読書、育児、27歳のつぶやき…など雑記。

洗い物を楽にしたいなら、料理前に『洗い物かご』を空にすべし

洗い物ってめんどくさいですよね。

私は家事の中でも嫌いなもの上位です。特に、夕食後の洗い物…。

めんどくせぇええー!ってなります。

でもやらないわけにいかない。

 

なんかの漫画で、料理上手な人が料理をする前にまず洗い物カゴを空にする場面がありました。

 

真似してみたら、効果絶大!

洗い物ストレスが驚くほど減りました。

 

目次

 

 

料理前に洗い物カゴを空にすると良い流れが生まれる理由

料理をしながら洗い物ができる

料理をしながら、隙間時間を見つけて洗い物を片付けることができます。

ボウルとか包丁とか。

とにかく料理と並行して洗い物を片付けることができます。

 

食後の洗い物が激減

料理をしながら洗い物が片付いていれば、あと洗わないといけないものは使った食器と鍋と炊飯器くらい。

思った以上に、洗うものが減っているのですぐ洗い終わります。

たとえ、料理をしながらの洗い物ができなかった場合でも、洗い物かごが空なので、食後に洗い物かごを片付ける作業が必要ありません。

 

食後の洗い物が減れば、洗い物時間も短縮され、食後の洗い物めんどくせぇえレベルが下がります。

 

 

 

「料理をしながら洗い物」を実現するためには?

一見ハードルが高そうですが意外とやればできるものです。 

 

その1  作るものを決めてから台所に立つ

料理上手な方は考えながら、次何作ろう…って手を動かせると思うのですが、家事が苦手な私は作ることで精一杯。

作るものを決めておけば、材料をばんばん出して、ばんばん切って、がんがん焼くなり煮るなりできるので手を止めて考える時間がありません。

(効果音的に、料理できない感が滲み出てますね…)

 

この方が、隙間時間が生まれやすくなります。

 

その2  洗い物はホントにちょっとずつでOK

例えば、2分くらい茹でてる間にボウルだけ洗う。

そんな程度でいいです。

1つずつでも隙を見て洗ってくと意外と洗い物が減ってたりします。

 

その3  あくまで料理優先

洗い物してて、料理が微妙になったら本末転倒なのであくまで料理優先です。

だから、料理終わった時に洗い物が結構あるなーって時だってあります。

もし、食事までに時間が少しでもあれば1つでも洗い物を片付けておくだけで後々楽です。

料理中に1つでも洗い物が減ればいいやーくらいの気持ちでやってます。

たとえ、料理中に洗い物ができなくても、すっきりしている洗い物かごが目に入ると、料理後から食べるまでに時間があれば、洗い物をやる気になります。

 

 

おわりに

料理中に洗い物もやるなんて、そんなんどうやってやるんや?って思ってました。

いや、普通はやってるのか?

私の家事レベルが低いだけかもしれませんが、

とりあえず料理する

→洗い物がシンクにある状態

→ご飯食べる

→さらに増える洗い物

→山盛りの洗い物を見て「めんどくせぇー」ってなる

→洗い物カゴを片付けるところからスタート

→「もう嫌ー」ってなる

 

これを繰り返していました。

 

でも、料理前に洗い物カゴを空にして、料理中ちょっとでも洗い物を片付けるだけでこの悪循環から簡単に抜け出せました。

 

あまりにあっけなく楽になったので驚きました。

 

私みたいに、食後の洗い物めんどくせぇーってなってる方、騙されたと思って一度試してみてください。